ゼニカルの効能に迫る

考えている肥満女性

ゼニカルにはオーリスタットと呼ばれる成分が含まれており、アメリカでも効果が認められている肥満治療薬になります。
ゼニカルの効能としては、新たに摂取する脂肪分に対してはその体内への吸収を抑制することができます。
しかし、既に体内に蓄積された脂肪を減少させる効果はなく、肥満そのものを治療するというよりは予防を図るものです。

脂肪は本来であればリパーゼと呼ばれる酵素で分解され、これにより体内に吸収されます。
しかし、ゼニカルを服用することで、この酵素の働きを阻害することができます。
結果として、ゼニカルは食事による脂肪の吸収を抑えることが可能です。

また、副作用については、軟便や頻繁な便意若しくはおならなど消化器系障害の報告があり、肝機能に障害を起こす可能性も指摘されたことがありますがその因果関係は未だ明らかになっていません。

その他ゼニカルは脂肪分に対して選択的に働くものではなく全ての脂肪分に対して吸収を阻害する働きがあるため、人間の体に必要とされるビタミンA・D・E・Kなどの脂溶性ビタミンが不足します。
更にゼニカルの安全性については副作用はあるものの重篤な症例は報告されておらず、また摂取されたゼニカルは99%体外に排出されますので、少なくとも薬の残留による副作用の心配はないとされています。
ゼニカルの正しい飲み方はネット上にあるため、しっかりと理解した上で服用するようにしましょう。

もっとも、個人差があることからゼニカルの服用後に少しでも体の不調を感じた場合には直ちにその服用を中止し、医師の診察が必要となります。

関連記事
最近の投稿
アーカイブ
サイト内検索
人気記事一覧